FC2ブログ
top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山手線新車 E235系公式試運転(形式写真)

こんにちは。本日いよいよ山手線の新型車両E235系が総合車両製作所新津事業所から出場し公式試運転を行いましたので出場したての車体を撮影して来ましたので、短時間滞在ながら紹介しようと思います。
資料に使えるようクリックで画像拡大しますので、宜しければ御覧になってください。新車の香りが少しでも伝われば幸いです(笑)

試運転へ向け各種調整の為、厚い雲に覆われた新津駅に姿を現した東トウ(東京総合車両センター)所属となるE235系は01編成と名づけられ、製造を担当した総合車両製作所新津事業所から引込線を経由した後に現れました。
東トウ01編成
E235系 東01編成 新津駅にて
大方の予想に反しLED種別幕でも切れることなく「試運転」の文字が写ってくれます。ちなみにこの写真はシャッタースピード1/500です。
奇抜なデザインで発表当初から賛否両論でしたが、そのインパクトはコンセプトイメージそのままと言った所でしょうか?
因みに10号車のみ新造ではなく先代であるE231系 旧トウ520編成の中間車サハ231-4620を改修し組み込んで居ります。
01編成タンポポ幕
そして表示される条件は分りませんが、こんなかわいらしいタンポポのイラスト幕も表示できる様です(笑) 季節によってイラストが変るのでしょうか?
E235x115.jpg
新潟車も見慣れない顔に驚いたことでしょうね。

では早速形式写真を紹介します。

E235系 東トウ01編成

至新津/新潟→

1号車 クハ234-1
①クハ234-1

2号車 モハ234-3
②モハ234-3

3号車 モハ235-3
③モハ235-3

4号車 サハ235-1
④サハ235-1

5号車 モハ234-2
⑤モハ234-2

6号車 モハ235-2
⑥モハ235-2

7号車 サハ234-1
⑦サハ234-1

8号車 モハ234-1
⑧モハ234-1

9号車 モハ235-1
⑨モハ235-1

10号車 サハ235-4620(改造車)
⑩サハ235-4620

11号車 クハ235-1
⑪クハ235-1

←至羽生田/上野

以上形式写真でした。

その他撮影した画像。

列車番号表示機。
01編成列車番号
0000となっておりました。

末端部の造形は段差のある独特のデザイン。
クハ先端

側面種別幕。
側面幕
試運転 TEST RUN表示でした。

東トウ01編成 (2)
一通り撮影するとゆっくりと試運転へ向かって行きました。
以上、新津駅よりE235系の画像をお届けしました。

ではまたの機会にお会いしましょう~。
Mirage-G





スポンサーサイト

【実車資料】485系3000番台 新ニイR編成 資料集もくじ

485系3000番台R編成資料(もくじページ)
485系3000番台R21+増結
(表紙写真:R21編成+増結モハユニット回送)

485-3000-2014-08-05.jpg
簡易版新潟車両センター485系3000番台の特徴を分布した図です。

新潟車両センター所属のR編成写真資料もくじ
R21編成 スタンダードな編成
R22編成 増結モハユニットもこちら
R23編成 AU13E,AU112資料
R25編成 転落防止幌装備
R26編成 クロハ、クハ屋根上資料。両側の形式写真【6/7追加しました】
R27編成 ドアステッカー画像(きもかす氏提供) 【8/5追加しました】
R28編成 魔改造エリート

ご案内
この記事は485系3000番台の中で新潟車両センターに所属する所謂"沼垂色"の車両の特徴や相違点をまとめた記事になります。
先日TOMIXからHGモデルとしてこの車両が発売されましたし、鉄道模型を実車に準じたディティールアップをしたい方や、
各自研究に少しでも役立てば幸いです。
当初は自分が模型の為に集めだした資料なので至らぬ点もあるかと思いますが、どうぞごゆっくり御覧になって頂けると嬉しいです。
尚この記事の作成に御協力いただいたきもかす氏には心より感謝申し上げます。

管理人:Mirage-G

【資料写真】485系3000番台R22編成+増結ユニット

485系3000番台R編成資料集もくじ

【おしらせ】
この記事は実験的に公開していますので、予告無しに本文や画像の差し替え、記事の移動、非公開にする場合があります。
ブックマークの際はお手数ですがTOP画面で登録される事を強くオススメします。
※当記事の写真は2013年8月撮影


画像クリックにて大きなサイズで御覧頂けます。
※形式画像は床下を見やすくする為コントラストを変えてあります。
従って色味の参考にはなりませんのでご注意ください。

485系3000番台R編成資料その7【新ニイR22編成】【増結モハユニット】
R22編成
編成別記事ラストはこのR22編成と主に繁忙期に活躍した増結モハユニットです。
R22編成は現在画像撮影時とは違い、クロハ側の連結器カバーが緑色になって居ます。
クハは300番台ベースなので例によって床下機器の配置が1000番台ベース車とは相違します。
多客時や臨時で使用された増結ユニットは2014年5月29日に廃車回送されてしまいまして、その役目を終えました。
このモハユニットは新ニイ所属のR編成のモハで唯一旧型の分散冷房AU13E型を搭載してました。
このユニットは基本的に4、5号車に連結されます。

形式写真
①クロハ481-3004(2014/5現在は連結器カバーが緑色)
①クロハ481-3004

②モハ484-3066
②モハ484-3066

③モハ485-3066
③モハ485-3066

④モハ484-3065
④モハ484-3065

⑤モハ485-3065
⑤モハ485-3065

⑥クハ481-3348
⑥クハ481-3348

【増結ユニット】

④モハ484-3086
増モハ484-3086

⑤モハ485-3086
増モハ485-3086

【相違点】
増結モハユニットのクーラーは旧型AU13Eのまま換装されませんでした。
増結ユニットクーラー

これでR編成の個別の紹介記事は最終回となります。
時間が掛かってしまいましたが、全車両の画像が掲載できホッとしております。
この記事を書いている数日前には増結モハユニットが廃車になってしまうショッキングなニュースもありましたが、
この取材を通して改めてリニュアール編成に愛着が湧きました♪

それではこの記事はここまでです。それではお疲れ様でしたノシ

【資料写真】485系3000番台R21編成

485系3000番台R編成資料集もくじ

【おしらせ】
この記事は実験的に公開していますので、予告無しに本文や画像の差し替え、記事の移動、非公開にする場合があります。
ブックマークの際はお手数ですがTOP画面で登録される事を強くオススメします。
※当記事の写真は2013年9月撮影


画像クリックにて大きなサイズで御覧頂けます。
※形式画像は床下を見やすくする為コントラストを変えてあります。
従って色味の参考にはなりませんのでご注意ください。

485系3000番台R編成資料その6【新ニイR21編成】
485系3000番台R21+増結
6回目の資料集はR21編成です。
1000番台ベースで統一されR編成を語る上で1つの基準になる編成だと思います。
分散クーラーはAU112型で統一され、HMも前後とも点灯し幌もないのでTOMIXのNゲージは恐らくこの編成がモデルなのではないかと?
またR21編成は増結モハユニットと組むことも多い編成です。
一足先に増結ユニットは廃車になりましたが、模型でくらい末永く走っていて貰いたい物です。

【形式写真】
①クロハ481-3024
1クロハ481-3024

②モハ484-3070
2モハ484-3070

③モハ485-3070
3モハ485-3070

④モハ484-3037
4モハ484-3037

⑤モハ485-3037
5モハ485-3037

⑥クハ481-3018
6クハ481-3018

【特徴など】

ドアにステッカーは貼られて居らずスタンダードな外観です。
R21ドア周り

転落防止幌はありません。
R21幌

以上です。次回はR22編成の予定です。
ではまたノシ

【資料写真】485系3000番台R25編成

485系3000番台R編成資料集もくじ

【おしらせ】
この記事は実験的に公開していますので、予告無しに本文や画像の差し替え、記事の移動、非公開にする場合があります。
ブックマークの際はお手数ですがTOP画面で登録される事を強くオススメします。
※当記事の写真は2013年9月撮影


画像クリックにて大きなサイズで御覧頂けます。

485系3000番台鉄道模型向け実車資料となります。
各自研究のお役に立てれば幸いです。

485系3000番台R編成資料その5【新ニイR25編成】
R25編成
第五弾はR25編成です。
種車が1000番台ではなく300番台の為クハの床下機器配置が他の編成と異なりますので
模型で再現なさる方は少ないかも知れない編成です。
尚取材時は分散冷房装置がクハの1基だけAU13E型でしたが、2014年5月時点では全て新型のAU112型に統一されています。
細かい部分では乗務員扉の雨どいの形状が違う(R25、R28編成のみ)点がある編成です(情報元様:きもかす氏)
転落防止幌も装着されており、この編成はR23編成同様に幌も沼垂色となっています。

【形式写真】
①クロハ481-3008
①クロハ481-3008

②モハ484-3050
②モハ484-3050

③モハ485-3050
③モハ485-3050

④モハ484-3034
④モハ484-3034

⑤モハ485-3034
⑤モハ485-3034

⑥クハ481-3342
⑥クハ481-3342

【相違点など】

転落防止幌装着編成です。
R25編成幌

ブレーキ装置がユニット化されておらず床下機器の配置が異なるクハ481(画像では旧型クーラーが混じっていますが、現在は交換済)
R25編成クーラー

以上です。
次回もR編成資料になります。
NEXT≫
プロフィール

みらげ-G

Author:みらげ-G
新潟市界隈で鉄道を追い駆けてます。
ネタも日常もどちらも楽しめる派。
所謂撮り鉄ですがカメラ自体にも興味があります。
Blogは後日談が多い為速報性は無いです。
強迫性障害を患っている為長期に渡って更新が途絶えたら(お察し下さい)
※当ブログの記事(文章/画像)の無断転載はご遠慮ください

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。